引き寄せメソッド「199式」効果がないと言われる人に見られる共通点

 

以前、199式メソッドの効果や体験談について掲載したのですが、今回はやっているのに効果を感じられない…と言った人にありがちな注意点を記しておきますね。

 

 

お金が欲しい、現状からもっと良くなりたいと考えている人におすすめのメソッド、それが、2ちゃんねるで話題となった投稿者ID199さんが、オススメしている199式です。

 

199式アファメーションを繰り返す

この199式メソッドはアファメーションをとにかくたくさん唱えることで、自分の潜在意識に語り掛ける方法です。

 

まず、簡単に説明すると私たちの潜在意識の中では、「本当にどうにもならない」「いつもタイミングが遅い」など、このアファメーションと反対のことを考えてしまいます。

 

特に「なぜかわからないけれどお金が入ってくる」などということは、「現実ではありえない」と考えてしまいがちです。

 

そして、お金をたくさん稼ぐためにはある程度の努力や苦しみが伴うものと思っている人が多いものです。

 

これは、潜在意識がお金を稼ぐためには苦労をしなくてはいけないと思い込んでいるために、自分で自分の可能性の上限を作ってしまっており、限界や「苦労をせずにお金が入ってくるということはおかしい」と決めつけていることから、現実に起こりえないこととして考えてしまっています。

 

しかしこの199式メソッドでは、「なぜだかわからない」という言葉に対し、最初は「そんなはずはない」という潜在意識の考えを「なぜだかわからなくてもいいのではないか」と思えるようになるまで、ひたすらアファメーションを続けることで、ブロックを外すことができるようになるというものです。

 

 

199式メソッドのやり方

 

この199式メソッドのやり方は簡単です。まずは自分の望む姿を「かなったこと」として紙に書き出し、自分の時間があるときにひたすら唱えるというシンプルなものです。

 

例えば、YouTubeなどのアファメーションを利用しても良いですし、自分で決めた言葉を録音してひたすら聞き続けるという方法でも構いません。

 

199式では1000回は唱えるといっていますが、回数に制限はありません。自分の潜在意識がこれらの言葉を受け入れるようになるまで行うことで、自分の願望を叶えることができます。

 

このアファメーションを行う方法で、金銭的に裕福になったという人だけでなく、顔がかわったという人もいます。

 

何に効くという特定のものではなく、恋愛や金運、仕事運などさまざまな分野で効果を期待できるアファメーションとして、成功した人がたくさん体験談を寄せているメソッドなのです。

 

アファメーションを唱えたり、または聞き流したりするだけで、かたくなに世間一般の常識にとらわれている潜在意識に変化をもたらせ、自分の願望を叶える引き寄せが簡単にできることから、さまざまな人がチャレンジしたり、日常的に取り入れたりしています。

 

家事をしている間や作業や仕事の間にBGMのようにかけ流したり、寝る前に何回か唱えるようにしていたり、やり方もシンプルなので場所を選んだり、難しく考えたりする必要もないのがこのメソッドの最大の特徴でしょう。

 

しかし、アファメーションをできる限りの時間を使って声に出して、潜在意識が根負けするまで行うというやり方をしても、効果を感じないと言われる人もいらっしゃいます。

 

 

199式メソッドの注意点

効果を感じないと言う方たちに共通しているありがちな失敗は、「不安」「疑い」などのネガティブ思考と言った感情がよぎってしまい、結果それが邪魔をするということです。

 

このメソッドの特徴は、「とにかく何も考えずに1000回唱える」これに尽きるのですが、ついつい思考が不安や疑いを巡らせてしまうのだと思います。

 

「何も考えない」は意外と難しいことっだたりもする

人は1日に6万回、何かしら考えているとか。思考回数が6万回ですから、それを何も考えない状態にするということ自体が難しいことです。

 

だからこそ、マインドフルネスが流行るのでしょう。

 

 

199式は、1000回唱えると言うことになっていますが、冒頭で伝えましたが回数は気にしなくても良いと思います。20回でも50回でも良いのでポイントは、不安や疑いなどの思考が入らないよう、ただ念仏のように繰り返すということ。

 

脳は単純です。繰り返すことで「本当にそうなんだ」と錯覚してくれます。しめたものです(爆)

 

 

お金を199式で引き寄せるのは意外と簡単かも

例えば、「宝くじで3億当てたい」という願望がある場合には、お金が入ってくる経路が「宝くじ」に限定されてしまいます。

 

その時、「なぜか3億円入ってきた」「誰かが3億円振り込んでくれる」「何もしていないのに年収が3000万円になった」など、限定されない大きな経路で唱えることで、より叶いやすくなるのです。

 

お金を得るために「なぜかわからない」方法で「〇円(目標額)」が叶うと唱えることが最大のポイントとなります。

 

こう考えてみてください。お金はただのモノであって感情ではありません。これがもし、人に好かれたいと思う感情が入れば、相手の思考(感情)なども入りややこしくなります。

 

お金を得る最速の手段は、働けばお金は手に入ります。でもこれが人ならどうでしょう。まして、好かれたいとなると…難しいですよね。

 

「理屈はそうかもしれないけど、でも、お金を引き寄せれない」という場合は、問題は別のところにあるのかもしれません。以下を参考にしてみてください。

 

お金のメンタルブロックはこうして作られる
お金のメンタルブロックについて掲載しています。また、成功者のお金を稼ぐマインドも検証していますのでご覧ください。

 

メンタルブロックの外し方 罪悪感がなくなると人生がうまくいく
メンタルブロックは不要です。罪悪感をなくすことで波動が強くなります。アファメーションやビジュアライズを活用して手放していきましょう。