怒りが収まらない 怒りのメカニズムとキレない対処法!

 

今回は、脳の中で起きている怒りのメカニズムについてお伝えしていきます。ちょっとしたことでイライラし、なかなか収まらない怒りの感情。

 

よくありますよね。こうした怒りの感情は、よく「心の持ちよう」などと精神論で片付けられてしまいがちです。

 

怒っているときは「大脳辺縁系」部分が活発に活動している状態

しかし、脳科学では「怒り」の感情が生まれたときに、脳の中にある「大脳辺縁系」と呼ばれる部分が活発に活動するようになってきます。

 

怒りなどの感情を司る大脳辺縁系に対し、反対に怒りをコントロールし、理性を司るのが前頭葉の役割となっています。

 

大脳辺縁系は怒りや恐怖、快、不快といった感情である情動を司り、動物的な本能的な部分を持つ脳の働きを行っているのです。

 

怒りについては↓↓でもお伝えしていますのであわせてご覧ください。

 

脳科学から怒りを解明 キレやすい人の特徴は?怒りはどこからくるの?
脳科学から怒りを解明しています。また、キレやすい人の特徴は?怒りはどこからくるのかも併せて掲載中!

 

感情をコントロールするのは前頭葉の働き

しかし、人はすべて本能的に行動することはなく、怒りの感情を持っていても冷静にふるまおうとしたり、周囲の反応を考えたりし、理性的にふるまおうともします。

 

この本能的な感情をコントロールし、理性を持って判断し、論理的な思考やコミュニケーションをおこなおうとするのが、前頭葉の役割なのです。

 

つまり「怒りの感情は大脳辺縁系で生まれ、前頭葉でコントロールする」という構図が怒りのメカニズムとなっているのです。

 

 

すぐに切れない、怒りをやわらげる対処法

ただし、この前頭葉は大脳辺縁系で突発的に発生した感情を即座にコントロールすることができずタイムラグが生じてしまいます。

 

怒りが発生してから理性が発動するまでにおよそ5秒程度のタイムラグが生じると言われています。だから、このタイムラグを活用して怒りをコントロールすることが大切なのです。

 

怒りが生じてその感情のあふれるままに行動してしまうと、「すぐにキレる」という状態になってしまいます。

 

怒りを鎮めるまでのタイムラグには、すぐに言葉や態度に表さずに、前頭葉が働き出すのを待つことで「キレる」のを抑えることができます。

 

例えば、
* 短く深呼吸を2~3回繰り返す。
* 水やお茶を飲む。
* 部屋の外に出て、違う環境に身を置く。
* 窓を開けて、外の新鮮な空気を吸う。
* (何かを言われたのであれば)相手の言葉を繰り返してみる。
* 相手の言っていることを受け流す適度な相槌を打つ。「そうですね」「そうですか」など。

 

こうした行動をしているうちに前頭葉が発動し、怒りをコントロールしようとしてくれます。

 

怒りが込み上げてきたときには、自律神経は交感神経優位ともなることから、

* 呼吸が浅くなる
* 心拍数が上がる
* 血圧が上昇する
* 汗が出る
* 血管が収縮する

など身体にも影響を与えます。

 

怒りを鎮めるときには、副交感神経を優位にするためにも、深呼吸をすることがその場にいながらできる簡単かつ効率的な方法かもしれません。

 

更に、怒りやイライラが生じたときに、すぐに言葉を発したり、舌打ちをしたりすることがありますが、こうした怒りに合わせた行動をすることは、小さな怒りから大きな怒りやコミュニケーショントラブルへ発展しやすいです。

 

 

怒りを認知させることでぐんと対処がしやすくなる

深呼吸しにくい、キレやすいという人におすすめの対処法は、腕に輪ゴムをつけ、「イラッ」としたときに、輪ゴムで自分の腕をはじくようにするのです。

 

ちょっと痛い方法ですが効果があります^^;

 

大脳辺縁系で生じる本能的な行動を自分自身に「認知」させる行動をおこなうことで、自分が今「怒りの感情を持っている」ことを自分自身に理解させることができます。

 

怒りが出て、すぐに舌打ちをしてしまうという人や怒りに任せて行動してしまう人には、このゴムでパチンとはじく行為で自分の感情を認知させるとともに、前頭葉の発動時間を稼ぐことができます。

 

行動が認知できることから、怒りを鎮める「深呼吸」を行い、部屋の外に出る、窓を開けて外の空気を吸うなど怒りを鎮める行動にも移しやすくなるのです。

 

感情コントロールは容易ではないですが、自分の工夫次第で、脳のメカニズムに沿った行動をとることができます。

 

怒りに任せて行動することでコミュニケーションがうまく取れなくなり、人間関係構築がうまくいかないということもあります。

 

自分の気持ちを落ち着かせる方法をいくつか試し、さまざまな方法で怒りをコントロールすることで、「キレる」状態から解放されやすくなります。

 

1/fゆらぎと瞑想 キャンドルや自然界の音でストレスを解放
1/fゆらぎとは、自然界の生体リズムを表したものです。そよ風や川のせせらぎ、人の安静時の心拍数などのリズムなどがまさに1/fゆらぎです。