言葉が人を変えると言うけれどアファメーションが苦手 代替法はある?

 

人生の流れは、日々発する言葉によって大きく変わると言われていますよね。それゆえ、毎日アファメーションを行うことが有効ですが、中にはアファメーションが苦手な人もいます。

 

では、アファメーションが苦手な人は、どのような方法で人生の流れを変えて行けば良いのでしょうか。

 

ここでは、ぜひオススメしたい、アファメーションの代替法を紹介していきます。

 

アファメーションの代替法①イメージング

アファメーションが苦手な人にオススメしたい最初の代替法は、イメージングです。

 

イメージングとは、「なりたい自分の姿」「理想の未来」をより具体的に思い描く方法です。

 

この時に大切なポイントとなることは、「いい気分になってイメージングを行う」ということです。

 

「なりたい自分の姿」「理想の未来」を手に入れた後の幸福感を、今この瞬間に先取りしてしまうことがとても大切なのです。

 

幸福感を先取りして味わってしまうことで、イメージしたものを具現化しやすくなると言われています。いい気分でイメージングすると、余分な力が抜けた状態でイメージングすることができます。

 

その結果、イメージしたものを、潜在意識化により落とし込みやすくなると言われています。

 

また、「できるだけ具体的にイメージする」ということもポイントです。より具体的にイメージすると、臨場感が出て、潜在意識にスッと落とし込まれる効果が期待できます。

 

このイメージングを、夜寝る前に毎日行い、楽しい気分になって眠りにつきましょう。これを続けることで、「なりたい自分の姿」「理想の未来」が形になることが近づいていきますよ。

 

アファメーションの代替法②ビジョンボードを作る

次に紹介したいアファメーションの代替法は、「ビジョンボードを作る」というものです。

 

まず、大きな白い画用紙かボードを用意し、ハサミとのり・筆記用具を用意してください。そして、「なりたい自分の姿」「理想の未来」に近い写真やイラストを、雑誌などから切り抜きます。

 

これらの切り抜きを、コラージュのようにして、画用紙・ボードに貼り付けていきましょう。

 

この時は、子供に戻ったような、純粋な気分で楽しく行うことがポイントです。幼稚園の時にやったお絵かきや工作のような感じで、楽しく作っていってください。

 

この「楽しさ」が、自分の中にある「どうせ無理だろう」という制限を外してくれる効果につながると言われています。

 

そして、ただ貼るだけではつまらないので、言葉やイラストを書き込んだりして、見ていてわくわくするようなボードに仕上げましょう。

 

そして、ビジョンボードが完成したら、時間を見つけて、できるだけそれを見るようにしてください。

 

「この目標を叶えなきゃ」とストイックに見るのではなく、あくまで、未来を思い描いてワクワクしながら見てください。

 

これを毎日続けることで、理想の未来を少しずつ形にすることができると言われています。

 

 

アファメーションの代替法③願い事を書き出す

次にオススメしたいアファメーションの代替法は、「願い事を書き出す」というものです。

 

まず心を落ち着け、自分が必ず形にしたい願い事を、2~8個くらい、箇条書きにして書き出します。この時は必ず心を落ち着け、自分が本当に形にしたいことだけにフォーカスしましょう。

 

「これが形になったらワクワクするだろうな」と感じる願い事を書き出してくださいね。そして、できるだけシンプルな言葉で書き、否定的な言葉は使わないようにします。

 

この時、「○○が叶いますように」ではなく、「○○が形になることを意図します」と書くこともポイントです。

 

「意図します」という言葉を使うことで、自分に対する宣言に繋がり、潜在意識に働きかけやすいからです。

 

そして、書いた願い事は、1日1回、それが叶ったことをイメージして、ワクワクしながら眺めましょう。その後は、あまりストイックにならずに、願い事そのものを忘れて過ごしてください。

 

こうすることで、願い事に執着せずに、スムーズに潜在意識に働きかけやすくなると言われています。その結果、書いた願い事の具現化速度が速まる効果も期待できるようです。